整体 リンク

皮を食べる(美白・若さを保つ)

人間はたまに数時間外で過ごし陽の光を浴びただけで皮膚が赤くなったり肌が焼けたりします。 ひどくなると皮がむけたりします。 この日焼けあとにシミが出来たりします。 日焼け直後にシミにならなくても、だんだん年齢とともに目に見えるシミとなって表れてきます。 10代ではまったく気にならないですが、20代でははっきりとシミになっていなくても、よく見るとなんとなくシミの元のようなところが出来始めます。 30代以降は人によって差が大きくなってきます。40代以降は鏡を見るとはっきりと見えるようになり気になってきます。
そうなりにくくするために、肌を美しく保ったり、若さを保ったりする為に果物は皮ごと食べるとよいようです。 果物は太陽の陽をずっと浴びています。紫外線をずっと浴びています。 1日中外で外気にさらされ、毎日、毎日、日光浴をしています。
そんな環境のなかにあって、果物の皮の中は新鮮でみずみずしくて、さわやかな味を保っています。
つまり、果物の皮の部分にポリフェノールなどの抗酸化作用をする成分が含まれており果物の中の実の部分を守っています。 ここの成分を食べる事により肌を美しく保ったり若さを保つことが出来るようです。 ということで、果物は皮ごと食べるとよいでしょう。
ただし、果物によっては皮が固くて食べにくかったり、おいしくなかったり、消化が悪かったりする物もありますので気を付けてください。


生活習慣病、メタボについて > 高血圧について > 糖尿病について > 食事について > 皮を食べる(美白・若さを保つ)

About a lifestyle-related disease, metabolic syndrome > About high blood pressure > About diabetes > For meals (mottainai)

©整体院・カイロプラクティック専門の相互リンク集中耳炎